車のキー

合宿免許や自動車学校の合宿で運転技術を磨いていこう

最短までの道のり

運転席

合宿免許の広告には、最短での取得を目玉にしているため、応募者にとっては魅力的な謳い文句です。しかし、だらだらと続けると、最短取得が程遠くなってしまい、追加で期間を延長するか、途中に諦めるかの二択になります。運転免許の取得チャンスをせっかく得たのですから、合宿免許を使って最短取得を目指しましょう。

最短取得の中には、普通二輪を始め、大型免許や二種免許、普通免許等さまざまな免許が存在します。期限は最長で14泊、最低で16泊になり、決められた日数の中で知識と技術を植え込んでいきます。合宿免許のカリキュラムは最短で卒業出来るよう考えられていますので、真面目にこなし、スムーズに段取り通りに進めば問題なく卒業できます。ただし、一段階の普通車で行なう技能講習は二時限までとしており、全部合わせると30時限に、学科はその倍になる26時限が合宿免許の学習内容です。ただ、参加者全員が最短で取れるとは限らず、中には乗越してしまう方もおられます。この場合は、乗り越した分を再度教習することになるため、合宿プランによっては追加料金が発生する可能性があります。また、期間も先延ばしになるため最短取得が少々遠くなることが予想されるでしょう。検定で落ちると、最低で3日程度合宿期間が伸びることがありますが、この時点で一切費用のかからない心優しいプランもありますので心配はいりません。しかし、目標は最短で卒業することなので、学ぶ姿勢を崩すことは許されません。そのため、最短ルートをスムーズに突き進むための勉強方法や技能教習をりり切るコツ、時間を無駄にしない効率的な合宿免許生活の送り方を前もって知る必要があります。